✨おすすめ無料セミナー✨

あなたの代わりに働く仕組みを持ちたい人へ。
定価10万円以上の伝説のセミナーが
今だけ無料…

【セミナーを見るメリット】
・売上が延ばせる
・働き方が変わる
・仕組みを作れる
・参加者がすごい
・経営者になれる
etc...
(※ちゃんと届く連絡先じゃないとプレゼントもらえません)

仕組み作りを無料で学んでみる

【初心者必見!】ブログの書き方のテンプレート使い方や活用事例あり

【初心者必見!】ブログの書き方のテンプレート使い方や活用事例あり Uncategorized

「っっしゃ!ブログ書くぞ・・・どうやって(・・?)」

・「一から記事書ける気がしません。ブログのテンプレ的なものがあれば欲しい」
・「文章書くコツも教えて。」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなブログの書き方についてのお悩みを、本日紹介するテンプレを使って累計1000記事以上書いた観点から解決します。

具体的には

・ブログの書き方のテンプレート(活用例あり)
・ブログテンプレート活用方法(事前準備)
・まとめ: 事前準備+ブログテンプレートを活用して執筆しよう!

の順番にご紹介していきます。

2分くらいで読めますし、あなたのブログ記事が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

ブログの書き方のテンプレート

ホームページ ライティング

このトピックは以下の通りです。

・ブログの書き方テンプレート(枠組み編)

・ブログの書き方テンプレート(本文編)

・ブログの書き方テンプレート(タイトル編)

ひとつひとつ解説します。

ブログの書き方テンプレート(枠組み編)

箱

ブログテンプレートの構成は、全部で3つのパートに分かれます。

1序章
2本文
3まとめ

それぞれ解説します。

ブログの書き方テンプレートー序章

スタート

いきなりですが、序章はめっちゃ大事です。

序章とは、これから記事を読むかどうかを判断する導入部分に当たります。

序章で記事を読むメリットが感じられないと離脱されてしまいます。。

逆に言うと序章に力を入れるだけで読んでもらえる確率が上がります。

ちなみに過去の僕は序章の大切さをよくわからず適当に書いてました;

あなたはここパートでぜひ序章の書き方についてマスターしてください。

具体的には以下のような流れです。

こんにちは、◯◯です^^

「書き出し(できれば読者が驚く内容)」

・「◯◯(読者の疑問)」

・「◯◯(読者の疑問)」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんな◯◯というお悩みを、
△△(権威性)の観点から解決します。

具体的には
・
・
・
の順番にご紹介していきます。
◯分くらいで読めますし、◯◯が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

このテンプレートを使うことで序章が簡単に書けるようになります。

テンプレートだけ見てもイメージしにくいかもしれなので具体例をお見せすると

「っっしゃ!ブログ書くぞ・・・どうやって(・・?)」

・「ブログのテンプレが欲しい」
・「書き方のコツも教えて。」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんなブログの書き方についてのお悩みを、本日紹介するテンプレを使って累計1000記事以上書いた観点から解決します。

具体的には

・ブログの書き方のテンプレート(活用例あり)
・ブログテンプレート活用方法(事前準備)
・まとめ: 事前準備+ブログテンプレートを活用して執筆しよう!

の順番にご紹介していきます。

2分くらいで読めますし、あなたのブログ記事が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

ご覧いただいたのは本記事の序章です。

こんな感じで序章を書いてみて下さい。

ちなみにこの素晴らしい序章の書き方はゴウライティングさんの型をお借りしました。

ゴウライティングさんでは序章=リード文ですが意味は同じです。

ブログの書き方テンプレートー見出し

ライティング

続いて見出しと本文のテンプレートについて説明をします。

ポイントは本文をいきなり書き始めるのではなく、

見出し→執筆

の順番がおすすめ。

理由は、見出しを作った方が記事が書きやすく、読者さんも読みやすいから。

具体例をお見せすると以下のような感じになります。

<h2>大見出し</h2>

このトピックは以下の通りです。

・(←小見出しタイトル)

・(←小見出しタイトル)

・(←小見出しタイトル)

ひとつひとつ解説します。

<h3>小見出し</h3>

<h3>小見出し</h3>

<h3>小見出し</h3>

このように大見出し・小見出しを作って書いていくととても書きやすくなります。

また

(←小見出しタイトル)

この部分では、これから話す内容を箇条書きしてます。

心理学的に人は箇条書きに注目しやすいと言う特性を使ってます。

ブログの書き方テンプレートー本文

肝心の本文のテンプレートは以下の通りです。

主張する
理由を述べる
具体例を述べる
反論への理解を示す
もう一度、主張する
僕は基本的にこのテンプレートに沿って本文を書いてます。
ちなみにこの素晴らしい本文の書き方はマナブさんの動画で紹介されてました。


上記の動画では、ブログの他にtwitterやYouTubeの文章の型にも触れたれており、 非常にお得感のある動画ですのでいちど時間をとってご覧下さい。

ブログの書き方テンプレートーまとめ

リスト

まとめについて解説の前に。

大見出し・小見出しにはKWを入れるとSEO的に効果があります。

箇条書きにしたり、まとめを書く理由は人はすぐ忘れるからです。

2分前にご紹介したゴウライティングさんのリード文の書き方を完璧に覚えている人はいないと思います。(エビングハウスの忘却曲線

と言うことで、序章(リード文)のおさらいをすると・・・

こんにちは、◯◯です^^

「書き出し(できれば読者が驚く内容)」

・「◯◯(読者の疑問)」

・「◯◯(読者の疑問)」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんな◯◯というお悩みを、
△△(権威性)の観点から解決します。

具体的には
・
・
・
の順番にご紹介していきます。
◯分くらいで読めますし、◯◯が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

でしたね。

こんな感じでたまにおさらいをして大切な部分は何度でも記事内に登場させましょう。

まとめで、記事の要約や押さえておきたいポイントを振り返るとより伝わります^^

ブログの書き方テンプレート(タイトル編)

CMS

おまけでタイトルについても少し触れておきます。

おまけと言いつつ、ブログで1番大事なのはタイトルです。

なぜなら、タイトルで読むか読まないか決まります。

ググったときに出てきた記事のタイトルが気になったらクリックすると思います。

謎なタイトルやタイトルと中身がかけ離れていると離脱されます。

タイトルの付け方だけで1記事かけてしまう位奥が深いので、また別記事にする予定です。

ブログテンプレート活用方法(事前準備)

title

このトピックは以下の通りです。

・キーワード選定

・Excel(スプレッドシート)

・予約投稿

ひとつひとつ解説します。

キーワード選定

キーワード

先ほどご紹介したテンプレートを使えば記事の書き方に困る事は無いかと思います。

しかし記事を書き始める前にキーワード選定をおすすめします

理由は

読者さんの問題を深く理解するためです。

しっかりとキーワード選定をして問題解決になる記事は真剣に読まれます。

すると滞在時間が伸びてSEO的にも繋がります。

それに事前にしっかりとしたキーワード選定をした方が記事も書きやすいです。

キーワード選定には

ラッコキーワード(旧:関連キーワード取得ツール)

と言うものを使いましょう。

使い方は上記のツールにキーワードを入れて検索するだけです。

出てきたキーワードを上から順番に記事にしていけばOK。

書きにくいキーワードはスルーしましょう。

また、英語とカタカナで意味が同じものはどっちか1個だけでいいです。

僕はこの方法を知ったとき目から鱗でした。

キーワード選定に迷っているなら、ラッコキーワードを活用しましょう。

>>ラッコキーワード

Excel(スプレッドシート)

取得したキーワードをExcelやスプレッドシートなどにまとめ管理すると便利です。

なぜキーワードの管理が必要かと言うとキーワードが被るのを防ぐためです。

キーワードが被ることをカニバリゼーションと言い、SEO的によろしくありません。

カニバリについてはなかじーさんの動画が参考になります。

僕が使っているスプレッドシートをよければ無料でお配りします。

そのまま使っても構いませんし、好きなようにアレンジOK。

スプレッドシートは以下から受け取ってくださいませ。

>>スプレッドシートを無料でもらう

予約投稿

時計

予約投稿についても触れておきます。

ワードプレスには予約投稿の機能があります。

予約投稿したからSEOがめっちゃ下がるとか無いので安心ください。

僕はよく予約投稿を使います。

理由は楽だからですね。

例えば特定の日に更新したいけど、リアルタイムで更新できない時などに使います。

毎日更新を目標にしてる人なんかはフル活用しましょう。

まとめ: 事前準備+ブログテンプレートを活用して執筆しよう!

ブログ

今回はブログテンプレートの使い方や活用事例などをお伝えしました。

テンプレートさえ使えば記事が書けないと言う悩みはなくなるでしょう。

記事内でお伝えした通りいきなり記事を書き始めるより、事前準備をした方が良いです。

流れとしては

KW選定→テンプレに沿って執筆

が理想。

とは言えキーワード選定で出てこないキーワードを書きたいこともあるでしょう。

そういった時はお渡ししたスプレッドシートに追記して管理してください。

まだスプレッドシートを受け取ってない方は以下から無料で受け取れます。

>>スプレッドシートを無料でもらう

P.S.

上記のスプレッドシートには、収益記事のキーワードもおまけでつけております。

P.P.S.

ライティング技術が確実に上がる無料サンプルもあります。お気軽にご質問くださいね。

問い合わせてみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました