✨おすすめ無料セミナー✨

あなたの代わりに働く仕組みを持ちたい人へ。
定価10万円以上の伝説のセミナーが
今だけ無料…

【セミナーを見るメリット】
・売上が延ばせる
・働き方が変わる
・仕組みを作れる
・参加者がすごい
・経営者になれる
etc...
(※ちゃんと届く連絡先じゃないとプレゼントもらえません)

仕組み作りを無料で学んでみる

【暴露】どんなときもWi-Fiの悲惨なコールセンターの対応【被害者の会】

【暴露】どんなときもWi Fiの悲惨なコールセンターの対応【どんなときもWi Fi被害者の会】 その他

こんにちは、akiraです^^

「【暴露】どんなときもWi Fiの悲惨なコールセンターの対応はっきり言って、ヤバ過ぎて笑えます。」

・「どんなときもWi-Fiの悲惨なコールセンターの対応が終わってる」
・「どんなときもWi-Fi被害者でなんとしてでも無償解約したい」

という疑問をお持ちではありませんか?

この記事ではどんなときもWi-Fiのお悩みを、
粘り勝ちで無償解約できた観点から解決します。

具体的には


・どんなときもWi-Fiの悲惨なコールセンターの対応がまじで終わってます
・どんなときもWi-Fi被害者でなんとしてでも無償解約したい
・まとめ

の順番にご紹介していきます。
2分くらいで読めて、どんなときもWi-Fiの悩みが劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

どんなときもWi-Fiの悲惨なコールセンターの対応がまじで終わってます

このトピックは以下の通りです。

・非を認めません。
・さんざん待たせて勝手に電話を切ります
・返金には応じません

ひとつひとつ解説します。

非を認めません。

絶望

「どんなときもWi-Fi」を提供していた会社は株式会社グッド・ラックです。

この会社は、2020年2月21日~3月21日という短い期間になんと合計11回の通信障害を起こしました。

総務省から行政指導も入ってます。

どんなときもWi-Fiについて調べたい方はwikiをご覧ください。

では、僕が受けた被害をご紹介します。

どんなときもWi-Fiのコールセンターは非を認めません。

そういうマニュアルなんだと思います。

ただ、どんなときもという名前に反して、電波障害を何度も起こしてます。

そもそも、僕がどんなときもWi-Fiのコールセンターに返金を求めた理由は、電波障害でした。

それに、過去には電波障害による返金対応をしていた記録があります。

なのに、今回は返金できないってどういうこと?となりますよね。

だから僕は戦うことを決めました。

さんざん待たせて勝手に電話を切ります

ホームページ ライティング

どんなときもWi-Fiのコールセンターがいかに悲惨な対応かというとさんざん待たせて勝手に電話を切ります。

これはネタではありません。

まじで切られます。

あと、電話してる途中、少々お待ちくださいって保留にして切られました(笑)

え、そんなことあります?って感じでしたが、何度もやられました。

コールセンターに電話して、向こうから切られたことあります?

めっちゃむかつきます(笑)

しかも、こちらに非は一切なし。

被害者です。

都合が悪くなると電話を切るのがどんなときもWi-Fiのコールセンターでした。

返金には応じません

お金

どんなときもWi-Fiのコールセンターは返金には応じませんでした。

過去に返金できた人の例を出してもです。

じゃあ今回の通信障害で使用できなかった分はどう責任を取るのか?と聞くと

「対応につきましては現在順番に対応中です」

という対応する気のない返答しか返ってきませんでした。

そもそも、なんで僕がここまでキレてたかというと、どんなときもWi-Fiを使用していた時は在宅ワークでした。

Wi-Fiがない=死活問題でした。

実際に、仕事の延滞が発生して、近くのカフェや漫画喫茶に身銭を切ってWi-Fiを求めに行きました。

それでも、毎回外でWi-Fiのために外食をしていたら、なんのためにネットで仕事をしてるか謎です。

痺れを切らした僕は、緊急措置でSoftBankの置き型Wi-Fiを契約しました。

こういうやつです。

工事不要というのが神ですね。

といっても、SoftBank Airも2年間の縛りがあるので、そこはご注意ください。

そんなこんなで、どんなときもWi-Fiが使えない期間に精神的にも体力も限界が来てました。

どんなときもWi-Fi被害者でなんとしてでも無償解約したい

このトピックは以下の通りです。

・とにかく粘りましょう。
・いつでも解約サポート
・指定のネット回線+リンクライフのElenoにすれば無償解約できた

ひとつひとつ解説します。

とにかく粘りましょう。

どんなときもWi-Fiが使えなかった期間の被害額は残念ながら戻っては来ませんでした。

ただ、あり得なさすぎるのは、wi-Fiが使えなかった期間は棚に上げて、今やめると解約違約金がかかると言い出したのです。

大手キャリアとかでよくある2年縛りみたいなアレです。

どんなときもWi-Fiのせいで仕事ができないし、本来必要のないWi-Fiを契約しなければいけなかったり挙句の果てに解約違約金までこの態度にはもう呆れ帰りました。

しかし、ここで諦めてしまうと向こうの思う壺です。

そこで僕はとにかく粘ることにしました。

以前の通信障害の時は解約違約金がかからなかった事実等をひたすら伝え続けました。

すると、ある時急に対応が変わりました。

いつでも解約サポート

確定

おそらくですが、僕みたいな通信障害の被害にあった人からの問い合わせの数が尋常じゃないぐらい多かったんでしょう。

どんなときもWi-Fiのコールセンター の回線は既にパンク状態だったでしょうし、オペレーターの気持ち的にも自分のせいでは無いのになんで謝り続けなきゃいけないんだ的な感じだったと思います。

ようは、もう八方塞がりな状態だったと思います。

しかし、僕も含めてどんなときもWi-Fiのせいで仕事にならなかった人からの 解約違約金を払うのはおかしいと言う訴えは日に日に増えていたと思います。

粘りに粘ってた結果、1人のオペレーターが突然いつでも解約サポートを利用すれば解約違約金はかかりませんと言いました。

今日の今日まで散々違約金を払えと言われ続けてたのに突然の対応に少し驚きつつ詳細を聞きました。

すると、条件はあるものの指定のネット回線に 切り替えたら解約違約金は無料との事でした。

ちなみに、現在はいつでも解約サポートのページ自体が閉じられてます。

指定のネット回線+リンクライフのElenoにすれば無償解約できた

僕はすでにソフトバンクの契約をしていたので、どうしようか迷いましたが、指定のネット回線に 切り替えるのと 解約違約金を払うのを天秤にかけた時に、いつでも解約サポートを使った方が少しだけかかる費用が安かったのでそれにしました。

ただ、リンクライフと言う会社も株式会社グッドラックの関連会社のようなので、結局は自分たちの非は一切認めず、 金をむしり取れる所からはむしり取ろうと言う姿勢はめちゃめちゃいまだに腹が立ちます。

ちなみに、その指定のネット回線と言うのは未だにこの家で使い続けてるんですが、はっきり言って他の会社よりも少し高い上に、引っ越しをするとなるとこれまた面倒な 手続きが必要なようです。

さらに言うと、リンクライフと言う会社のエレノと言う電気のサービスがあるんですが、別に電気の自由化が 許された今、エレノを使いたくてたまらないと言う事は一切ありません。

ただ、こちらもまだ解約をしてしまうと解約違約金がかかるので全く納得は行ってませんが。

まとめ

株式会社グッドラックやリンクライフは結局はグループ会社で、とにかく一旦会員になってしまうと金をむしり取られます。

特にどんなときもWi-Fiの被害者の方はいまだに納得いってない方が僕も含め多いでしょう。

この記事を書くために、当時のどんなときもWi-Fiのコールセンターの悲惨な対応などを思い出してましたが、改めてイライラしました(笑)

ベンチャー的な会社で広告費をやたら使ってCM打ちまくってるところより、通信サービスに関しては、やっぱり 破産リスクなども考えて、大手の方が安心できるのかもしれません。

破産リスクなんてなんだかFXや株みたいな感じですねw

本来、どんなときもWi-Fi等と言う名前をつけてしまった以上ライフラインであるWi-Fiを1秒たりとも途切れさせてはいけないはずです。

その責任を負わずに、どうにか丸め込んで会員から金を取ろうと言う姿勢はいまだに治ってないようですね。

もし、今もどんなときもWi-Fiと闘い続けている人がいれば、解約のタイミングなどをしっかりと把握した上で、他のサービスに乗り換えることを強くお勧めします。

キャッシュバックや月々の回線使用料等を比較して、どのサービスを使うか検討してみてください。

ちなみに、住んでいらっしゃる環境工事が必要な場合があると思いますので、そういった時は工事費用なども考えてSoftBank Airのようなサービスの方がいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました