SEOとは?検索順位アップの3つのコツを1位を獲得した人が解説

SEOとは?検索順位アップの3つのコツ SEO対策

「SEO対策ってとりあえず、単語を詰め込むんじゃないんですか?」→全然違います。

・「そもそも、SEOってなんですか?」
・「検索順位アップのコツとかありますか?」

という疑問をお持ちではありませんか?

この記事ではSEOの基礎知識から、検索順位アップのコツを、とあるキーワードで1位を獲得した観点から解決します。

具体的には

・SEO対策とは
・【SEO対策】検索順位アップの3つのコツ
・まとめ:SEOルールを理解してあなたの媒体で対策をしよう

の順番にご紹介していきます。

2分くらいで読めて、SEO対策の理解が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

SEO対策とは

seo

このトピックは以下の通りです。

・SEO対策の意味
・順位が上がるまでどのくらいかかる?
・手を出さないほうが良いSEOのジャンル

ひとつひとつ解説します。

SEO対策の意味

SEOとは、サーチオプティマイゼーションの略です。

あなたのホームページが検索結果の1ページ目に来るように対策することをSEO対策と言います。

なぜSEO対策が必要か?というと、検索上位ができたら、広告費なしでたくさんのアクセスを獲得できます。

例えば、検索結果が1ページ目にあるか、2ページ目にあるかで、なんと3倍以上の売上も違います。

CTR(クリックされる率)も当然変わります。

クリックされないと当然、商品は売れません。

なので、まずはクリックしたくなるようなタイトル付けが必要になってきます。

SEO対策を意識した記事の書き方は以下の記事が参考になります。

順位が上がるまでどのくらいかかる?

最短でも3ヶ月以上かかります。

検索順位が上がる条件は一つだけではありません。

いろんな理由がありますが、一つにドメインパワーが関係します。

ドメインとは、ブログやサイトのURLのことです。

このドメインの運用歴や、被リンクの質など、さまざまな要素でドメインパワーが決まります。

SEO対策で、これをすれば確実に上がると言う魔法はありません。

しかし、中古ドメインを購入すればドメインパワーが高い状態で運用が可能と言われています。

すでに参入ジャンルが決まっていて、中古ドメインがある場合、検討しましょう。

手を出さないほうが良いSEOのジャンル

SEO対策でアクセスを集めたい場合、YMYLのジャンルは避けましょう。

なぜなら、YMYLジャンルは、基準が難しい上に、大企業や専門家など権威がないと上位表示できません。

具体的には、以下の5つは手を出さないほうが良いです。

・幸福(宗教)
・お金(金融)
・健康(医療)
・法律(権利や福祉など)
・時事(政治・国際的なイベント)

参入したいジャンルがYMYLかどうかで戦略ごと変わります。

YMYLについて詳しく書いた記事もあわせてご確認ください。

【SEO対策】検索順位アップの3つのコツ

キーワード

このトピックは以下の通りです。

・「Googleが掲げる10の事実」の理解
・ブラックハットSEOよりもホワイトハットSEO
・全てのコンテンツは読者さんのためにある

ひとつひとつ解説します。

「Googleが掲げる10の事実」の理解

Googleが掲げる10の事実と言う、社訓(信念)のようなものは以下の10個です。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3. 遅いより速いほうがいい。
4. ウェブ上の民主主義は機能する。
5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10. 「すばらしい」では足りない。出典:Google

特に1.の「Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。」はユーザーファースト、全てはユーザーの使いやすさのために。と言うGoogleの信念が含まれています。

Google が掲げる 10 の事実

なぜ、こうした信念を明確にしているかというと、Google検索はユーザーの使いやすさを追求しているからです。

具体的には、何か解決したいと思って検索をかけた時に、読者の目的のコンテンツにたどり着けることを重要視しています。

なので、ブラックハットSEOなどでGoogleやユーザーを騙して無理やり検索結果を釣り上げるような行為は、Googleの本意ではありません。

Googleが掲げる10の事実を理解することで、真っ当なSEO対策が可能になります。

ブラックハットSEOよりもホワイトハットSEO

ブラックハットSEOとは、Googleや読者さんを騙して検索結果を上げようとする行為のことです。

昔は、ブラックハットSEOをウリにした企業が上場したこともありました。

しかし、上述した通り、Googleはユーザーの使いやすさを一番に考えています。

せっかく問題解決したくてGoogleで検索したのに、たどり着いた記事が全く関連性がなかったり、意味のないキーワードの羅列だったら、読者さんはすぐにそのページを去ります。

そして、Google検索に対する信頼も無くなりますよね。

だからこそ、最近はGoogleの信念に沿ったサイトを上位表示させる傾向があります。

読者さんの役に立ったり、問題解決につながるサイトやコンテンツでSEO対策することをホワイトハットSEOと言います。

Googleや読者さんを騙すよりも、問題解決に貢献できるコンテンツ作成をしたほうが、結果的にSEOが上がりやすいです。

全てのコンテンツは読者さんのためにある

検索順位を上げたい→読者さんにとって必要ならコンテンツを作成しましょう。

理由は先ほど述べた通り、Googleの信念に沿って、ユーザーファーストなコンテンツの方が上位表示されやすいからです。

当たり前ですが、全てのコンテンツは読者さんのためにあります。

自分の売りたい商品の購入を強引に強要したり、売り込みばかりの記事は嫌われる傾向があります。(経験者です;)

あくまでも、問題解決のために商品を紹介する。

コンテンツの質を高めることで、自然とSEO対策に繋がります。

せっかくアクセスを伸ばせても、自分よがりのコンテンツになってしまわないように注意したいところです。

まとめ:SEOルールを理解してあなたの媒体で対策をしよう

今回は

・「そもそも、SEOってなんですか?」
・「検索順位アップのコツとかありますか?」

という悩みにお答えしました。

前半ではSEO対策の基礎知識について語りました。

・SEO対策の意味
・順位が上がるまでどのくらいかかる?
・手を出さないほうが良いSEOのジャンル

という内容でしたね。

そして後半では【SEO対策】検索順位アップの3つのコツを解説しました。

・Googleが掲げる10の事実の理解
・ブラックハットSEOよりもホワイトハットSEO
・全てのコンテンツは読者さんのためにある

という内容でした。

以上、SEOとは?検索順位アップの3つのコツを1位を獲得した人が解説でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました