30代未経験でSEに転職したい人のよくある誤解や成功するコツ解説

30代未経験でSEに転職したい人のよくある誤解や成功するコツ解説 仕事環境

「お、俺がまさか、SEになるなんて!?」

・「30代未経験でSEなんてなれない…ですよね?」
・「もし、30代未経験でもSEになる方法があるならどんな方法がありますか?」

という疑問をお持ちではありませんか?

そこでこの記事ではそんな30代未経験というSE転職にはあきらか、フリな状況というお悩みを、SE転職に詳しい人が解決します。

具体的には

・正直、SE転職市場は30代未経験であっても・・・
・30代未経験でSEに転職後、取り残されないために
・まとめ:30代未経験でも今の時代、SE転職は●●

の順番にご紹介していきます。

2分くらいで読めますし、30代未経験でもSE転職の可能性が劇的に改善される可能性が高いので、まずはご一読を!

正直、SE転職市場は30代未経験であっても・・・

html

このトピックは以下の通りです。

・SE市場は常に人手不足
・SE35歳定年説のウソ
・30代未経験SEは使い物にならない?

ひとつひとつ解説します。

SE市場は常に人手不足

結論、SE市場は常に人手不足です。

理由は・・・全業界IT化が加速してるからです。

具体的には、我々が普段使ってるPCやスマホをはじめとしたデバイスの進化やそれに伴う、サービスの進化があります。

例えば、医療の現場のITはものすごい進化してます。

・患者さんの薬など、もろもろの管理
・医者やナースなどの勤怠管理
・カルテの作成や管理システム

これらはすべてITで行われています。

他の業界でもこれと同じことが起こっていて、年々ITの需要は伸びてます。

ということは、当然サービスが生まれる機会も増えているということ。

だからこそ、SEというジャンルは売り手市場ですよということです。

あ、あとこの記事に辿り着いたあなたはおそらく「SEとは」とかはググってるはずなんで、そこは省きます。

SE35歳定年説のウソ

SE業界には、SE35歳定年説がささやかれてま“した”

なんかむりやり感が否めない説ですが、一応軽く触れときますね。

SE35歳定年説とは

・人間、35歳すぎると覚えが悪くなる
・35歳くらいってつかいにくい
・即戦力じゃないとキツい

とかいろいろ言われてました。

でも、さっき説明した通り、実際のSE転職市場は常に人手不足中。

ちなみに、35歳が使いにくいかどうかは人によります。

・人間、35歳すぎると覚えが悪くなる
→人によります
・35歳くらいってつかいにくい
→人によります
・即戦力じゃないとキツい
→人手不足なら育てよう

という感じです。

ま、SE35歳定年説ってのもあったんだなぁくらいでいてください。

そして、まったく気にすることはありませんよ。

例えば、こういう本気のプログラミングスクールだってあります。

30代でも即戦力なれるくらい、みっちりしごかれます。

30代未経験SEは使い物にならない?

30代未経験SEは使い物にならないと言う人や企業がいます。

ただ、これもさっきと同じで「それ、あなたの感想ですよね?」です。

というか、30代未経験だからこそこっちは焦ってんねん!

というのが本音でしょ?

自分の人生に必死に向き合ってる人に対して失礼きわまりない。

30代未経験だからこそ、必死にくらいついていれば「おれっすか?この業界7年目っす」という20代の若造を蹴落とすことくらい余裕です。

30代未経験でSEに転職後、取り残されないために

このトピックは以下の通りです。

・おまたせしました。30代未経験でもSEに転職する具体的な2択
・30代未経験だと努力は必要
・自己解決能力が求められる世界
・30年間頑張って生きてきたじゃないですか

ひとつひとつ解説します。

おまたせしました。30代未経験でもSEに転職する具体的な2択

結論から言います。

30代未経験でもSEに転職する具体的な2択は以下の通り。

①転職支援ありのプログラミングスクール
②IT転職に強い転職エージェント

ざっくり、解説しますね。

①転職支援ありのプログラミングスクール

転職支援ありのプログラミングスクールとは、そのまんまで、プログラミング勉強しつつ、ある程度のスキルになったら転職支援しますというもの。

個人的には、これが結構おすすめだったりします。

詳しい理由は、後ほど解説します。

②IT転職に強い転職エージェント

ふたつめは、IT転職に強い転職エージェント。

これもそのまんまで、IT転職に強い転職エージェントと弱いとこがあります。

逆に、建築関係、介護関係とか分野別に特化した転職エージェントがあるんですね。

この記事を読んでくれてるあなたは当然IT転職に強い転職エージェントを選ぶべきです。

30代未経験だと努力は必要

ここまで、読んで「よかった。30代未経験でもSE転職ってまだ間に合うのね」

と一安心してるところ、申し訳ない。

30代未経験だとやはり、それなりの努力は必要です。

理由は、勤続年数長めの20代で斜に構えてるやつも、やはり業界のスキルは向こうの方が上なのは事実だからです。

そいつらをギャフンといわせるためにも業務で必要なスキルは必死にくらいつきましょう。

あと、独学は無理ゲーです。

理由は、何を学ぶにも独学は非効率すぎるから。

たとえば、今ってYouTubeとかブログとかで大抵のことは学べます。

なのに、人によって全然結果違いますよね。

当然過ぎますが、これまでのバックグラウンドの差で、まったく同じ知識でも理解度に雲泥の差が出ます。

よく言われる話として、同じ参考書で学んでも東大に受かる人と落ちる人がいるのもそのため。

自己解決能力が求められる世界

あなたがこれから手をつけようとしているIT業界は正直横文字だらけの特殊な世界です。

実際にコードをかき始めると、エラー祭りなど日常茶飯事。

というより、学習の時点で挫折する人がほとんどです。

そんなシビアな業界で生き残るには、基礎知識&最新知識の習得が不可欠。

だからこそ、業界のプロが講師をしているプログラミングスクールに忍び込みましょう。

本より、動画より、人です。

わからないことがあるとすぐ質問できるって、ことプログラミングにおいては必須条件くらい大事。

初心者のうちは、こうした環境を金で用意しましょう。

そして、自分が納得いくスキルまで達成したり、IT転職に強い転職エージェントで就業先を探す際にもプログラミングスクールで学んだ基礎は役立ちまくります。

30代未経験でSE転職に成功するために、死ぬ気で学び抜いて

「あ、30代のおっさん入ってきよったわ。」

と、ふんぞりかえってる若造に度肝を抜かせてやりましょう。

30年間頑張って生きてきたじゃないですか

あなたは30年間、何かしらのカタチで社会に価値を提供してきました。

「え?自分は誰かに価値なんて・・・」と思いますか?

とんでもなさすぎます。

バイトも、社員も、人生で一番貴重な時間を提供してます。

時間と引き換えに、お金が発生してます。

そして、時間を引き換える際、注意したいのが自分の価値。

給料が低いから価値の低い人間、ではないです。

理由は、給料はどこに自分を設置するかで決まるから。

たとえば、大手企業で年収1000万円もらってる人と、あなたと人として何が違いますか?

「と、当然、能力とか、仕事のやりかたとか…」

というかもしれません。

でも、よく考えてください。

大手で働こうが、ベンチャーだろうが時間をお金に替えてるのは一緒。

ということは、あなたもできるだけ早いうちに行動して、自分を置く場所をかえればいいだけです。

非常にイージーな話。

悩んでるヒマはないですよ。

まとめ:30代未経験でも今の時代、SE転職は●●

今回は、30代未経験でSEに転職できるか?に焦点をあてました。

そして、結論、余裕です。

30代という今をどう生きるかで将来設計が100倍以上かわります。

何か行動を起こすときは早いにこしたことはないです。

もし、今の現状に満足が行ってないならさっさと状況を変えましょう。

そして、一度手にしたスキルは一生モノです。

学び始めるタイミングも躊躇せず、すぐ行動が一番。

結局、行動した人しか結果って出ませんので。

ということで、30代であるあなたの貴重な2分くらいをお借りして、SE転職なら未経験でも余裕という事実をお伝えしました。

優秀なあなたなら、このページを閉じてなにをすべきか?おわかりだと思います。

あなたのSE転職がうまくいきますように☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました