✨おすすめ無料セミナー✨

あなたの代わりに働く仕組みを持ちたい人へ。
定価10万円以上の伝説のセミナーが
今だけ無料…

【セミナーを見るメリット】
・売上が延ばせる
・働き方が変わる
・仕組みを作れる
・参加者がすごい
・経営者になれる
etc...
(※ちゃんと届く連絡先じゃないとプレゼントもらえません)

仕組み作りを無料で学んでみる

③時給を上げても自由にはなれない本当の理由(ほとんどの人が間違えます)

時給を上げても自由にはなれない本当の理由 マインド
①焦る必要ゼロ。目指すべきは●●●●型!
②人生の目標、夢の再確認をやらないとマズイ理由
③時給を上げても自由にはなれない本当の理由←今ここ
④右側の世界に行くためには●×●が必要!?
⑤自己投資は素晴らしいことです。その投資、あってますか?(クイズあり)
⑥改めて人生で一番大切な●●について話します。

あなたの現在地はどこ?

今日は、現在地を確認していただきます。

先日よりお伝えしているフロー型とストック型。

あなたはどちらを目指してますか?

・・・

・・

意地悪な質問ですみません^^;

もちろんストック型ですよね。

僕らの最終ゴールは経済的自由、つまり自分の代わりに働く仕組みを持つことです。

ところで、現時点であなたは自分の代わりに働く仕組みを持つことに向けてどんな行動や判断をしてきたでしょう。

人によっては、ブログを勉強したかもしれません。

投資を勉強したかもしれません。

もちろん、この記事で自分の代わりに働く仕組みを持つことについて深く学び中です。

では、なぜ僕らはまだ経済的自由を達成できてないんでしょうか。

経済的自由を達成できない理由

それは、仕組みの作り方を知らないからです。

あなたが動かなくてもあなたの代わりに働き続けてくれる仕組みが必要です。

ここでつい勘違いしてしまいそうな例を挙げます。

「プログラミングを学んで自由を手に入れよう!」

これを見て、あなたはどう感じますか?

ちなみに、プログラミングをマスターしてフリーランスになればこんな未来が手に入ります。

・満員電車からの卒業

・フルリモートで自宅で仕事ができる

・嫌な上司がいなくなる

・カフェなど好きな場所で仕事できる

いいですよね。

なんとも自由な感じがします。

しかし、あなたは騙されないでください。

「え?なんで?」と思ったら要注意。

なぜなら、プログラミングは“どこまで行ってもフロー型の働き方”だから。

発注してくれるクライアントがいて、受注をこなして初めて報酬が発生します。

お気づきですか?

もし、依頼先のクライアントの事業がコケたら

あなたより安くて高品質な外注先を見つけてしまったら

修正が重なり、時給が割りに合わなくなったら

そもそも新規案件が取れなかったら・・・(経験済み)

確かにプログラミングの需要は年々高まっています。

コロナの影響でデジタルコンテンツ市場がさらに加速しています。

うまくいけばサラリーマンより稼げるジャンルかもしれません。

でも、僕らはプログラミングに手を出してはいけません・・・よね?

(絶対ダメというより、このメルマガ読んでる人が目指すところはそこじゃないという話)

かなり具体的な例だったのでご理解いただけたんじゃないでしょうか。

ちなみに、僕が目指していたミュージシャンもフロー型の働き方です。

ミュージシャンは一見好きなことだけやって経済的自由を手にしてるように見えると思います。

自分で曲を作って印税を得ている人もいますが、 メディアに出たり露出を増やして活動しないと忘れ去られていく世界です。

なのでみんな必死にライブをしたり配信をしたりがんばります。

印税と言うのはCDの売り上げによって決まるので、昔のようにいっぱつ当てて一生自由に暮らすというのは難しくなってきています。

・・・

他にもこの手の話は山ほどあります。

プログラミングをやっていて、心から楽しいから自分はこれでいいという方を除いては

目指すべきは優秀なプログラマーではなく、あなたの仕組みを作ることです。

それが経済的自由を手に入れることにとって一番の近道になります。

今日お伝えした内容は少し難しく感じられたかもしれません。

ただ、明確な判断基準があればご理解いただけるはず。

おさらい

フロー型・・・時給、給料が高い安い関係なく働かないといけない状態
ストック型・・・仕組みがあなたの代わりに働いてくれる状態

労働からの卒業と相性が良いのはストック型です。

この話がスーッと入ってくる良書があります。

キャッシュフロークワドラント(ロバートキヨサキ)

「金持ち父さん、貧乏父さん」(ロバート・キヨサキ)

すでにご存知だったりお持ちかもしれませんね。

この本では4つの稼ぎ方が解説されています。

従業員、自営業、ビジネスオーナー、投資家

今書いた

従業員 自営業 ビジネスオーナー 投資家

の4つには、ある深い溝があります。

従業員 自営業 ||||溝|||| ビジネスオーナー 投資家

この溝を乗り越えるためには、仕組みやマーケティングの勉強が必要になります。

ちなみにさっき例で挙げたプログラミングは上記の左側です。

年収が高い弁護士やアーティストも左側。

では、右側の職業はというと

フランチャイズ(ビジネス)オーナーや、不動産投資家などです。

彼らは自分が働かず仕組みに働いてもらってます。

この辺りの理解が深まるのが先ほどご紹介した

「金持ち父さん、貧乏父さん」(ロバート・キヨサキ)です。

この記事で概要はお伝えしたので買う必要はないかもしれませんが

興味があれば手に取ってみても良いかもしれません。

今日お伝えしたかったのは、成功を阻んでいるのは

こうした前提知識がなく、がむしゃらに頑張れば達成できるという勘違いですよということ。

そして、考え方(知識)があれば、判断に迷ったり間違えることが減ります。

正しい判断の元、正しい行動さえすれば自分の代わりに働く仕組みを持つことを達成できるでしょう。

と、これで締め括ると気持ち悪いのでちゃんと説明します。

時給が高くてもダメ、効率よく働いてもダメならどうしたらいいの?

と思われたかもしれません。

明日からは、より具体的な話をしていきます。

⓪プロフ
①焦る必要ゼロ。目指すべきは●●●●型!
②人生の目標、夢の再確認をやらないとマズイ理由
③時給を上げても自由にはなれない本当の理由←今ここ
④右側の世界に行くためには●×●が必要!?
⑤自己投資は素晴らしいことです。その投資、あってますか?(クイズあり)
⑥改めて人生で一番大切な●●について話します。
興味ある方は全部で6記事のシリーズを順番にお読みください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました